株式会社ツジデン│TSUJIDEN Co., Ltd.製品情報環境活動ツジデンについて採用情報お問い合わせ
ツジデン 液晶とは
液晶とは
液晶は、液体と固体(結晶)両方の性質を持った不思議な物質です。
液体と固体の両方の性質をもっているため、液晶に電圧を印加すると結晶化している分子が動いて 向きがそろい、一定方向の光しか通さないフィルターの役目を果すようになります。

しかし、電圧が印加されていない時は、分子がばらばらの方向を向いているためフィルターの役割を果さなくなってしまいます。この性質を利用して現在の液晶ディスプレイは、映像を表示することができるのです。
バックライトの構造
液晶ディスプレイにとって光(バックライト)は、最も重要なものになります。
液晶とはで説明したように、液晶はフィルターの機能しか持たないため、自分自身で光を出せるわけではありません。 そのため液晶ディスプレイには必ず液晶以外に光源(バックライト)が必要となってくるのです。

バックライトには大きく分けて【エッジライト方式】【直下型方式】の二つの方式があります。
エッジライト方式
エッジライト方式
エッジライト方式とは別名導光板方式とも呼ばれていて、ディスプレイの端にLEDがあり、 LEDが出す「点状の光」を、導光板、拡散フィルム、反射フィルムを使って「面状の光」に換えてから液晶に光を送っています。
スマートフォン、ノートパソコンやデスクトップパソコンのモニターには一般的にこのエッジライト方式を採用しています。
直下型方式
直下型方式とはその名の通り、LEDを液晶の下に並べてその上に拡散板を置いて面光源を作ってから、 液晶に光を送る方式です。(液晶テレビによく使用されている方式です。)
直下型方式
【エッジライト方式】は、導光板を使用して面光源としていますが、どうしてもLED付近は明るく、LEDから遠く離れるにつれて暗くなってしまいます。 【直下型方式】も同様に、LEDがある部分と ない部分で比較すると、輝度にムラが出てしまい面光源とは程遠くなってしまいます。

輝度ムラがある状態で製品としてディスプレイにしてしまうと、はっきりと光のムラが目立ち、非常に見難いディスプレイとなってしまいます。

様々な場所で液晶ディスプレイが使用されるようになり、液晶ディスプレイは、「より明るく」、「より低消費電力」、「より薄く」する必要が出てきました。 当然、光源となるLEDの輝度も高くなり、導光板や拡散板のみでは均一な面発光を得ることはますます難しくなっています。